血便。そして、また入院

こてつのこと

あ、クリスマスイブですね。

サンタさん、来てくれるかなぁ?

あ、うちにはツリーもなければ、お願い入れた靴下もなかったっけ?(笑)

そーいや、煙突もないね。

…今のお子様は、枕元にプレゼントのお願い書いたお手紙置くのでしょうか???

はい、それでは本日も相も変わらず回顧録。続きま~す。

異臭

点滴して、ちょっと良くなったと思われたこてつん。

夜寝る時は、いつも通り私のベッドに来た。

一緒に寝てたけど、ずっとヒンヒン言っていた。

撫でながら、「大丈夫よぉ~」と繰り返し

やっと寝入ったところで、私も寝落ち。

異臭で目覚めた。

今まで嗅いだことのない、臭い。

何とも言えない… なんだ?これ?

何だかわからないけど、ものすっごい臭い。

ふとベッドサイドに目をやると、黒っぽいシミ。

はて???

起きて洗面所に行くと、そこにも点在。

吐物? …にしては、ちょっと違うような???

片付けようと、拭いてみると、あの臭い。

正体は、これか! に、しても…

と、拭きとったものをよく見てみると

赤い?!

黒っぽく見えたのは、赤黒かったから。

え?え?え? なに?なに?

プチパニックになりながらも、確認。

ちょっと、ねばぁ~っとしてる。

… はっ! まさか。

急いでこてつんを確認する。

やっぱり。

おちりに赤黒いの、付いてます。

クンクンしてみた。 ん。 臭いはこれだ。 間違いない。

血便

これは、現物があったほうが良いだろう。と、取れそうなところをなるべくきれいにすくって…。

身支度もそこそこに、慌てて病院へ。

この日は主治医の先生不在。

代わりに女医さんが診てくれました。

持参したブツを見て、

「ああ。完全なる血便ですね。 そっかぁ~。出ちゃったかぁ~。」

あ、想定内ですか?そうなの?

採血の結果、白血球(好中球)の値が非常に低いと。

抗がん剤投与後の一番落ちた時と同じくらい。

「昨日正常で今日この値なのは、明らかに異常です。」

このままだと、命の危険もある。すぐに治療の必要あり。と。

即入院となりました。

辛かったよね。

いろんな思い

前日の主治医の先生の診断は、間違ってはいないと思う。

あの時の、あの状態では、胃腸炎なのです。

そこからさらに胃腸炎が悪化した、ということです。

こりゃぁ、抗がん剤だな。原因は。

おそらく、多分。いや、きっと。

入院の承諾書、「書き方、分かりますか?」の先生の問いに

「はいはい。大丈夫です。何度も書いてますから。」 とほほ。

主治医の先生でなくても、ちゃんと情報共有できてます。

カルテ記載がきちんとしているのでしょうし、どの先生でも信頼できます。

ここにお願いしてよかった。

そして、今日が仕事休みでよかった。

そんなこんなを考えながら、

また、こてつんの入院中のご飯を取りに一旦帰宅。

食べられるようになることを信じて。

あとは、先生方、スタッフの皆さんにお任せしよう。

そしてなにより、こてつんの回復力を信じて。

↑ポチッと応援、よろしくお願いします!

コメント

  1. くーちゃん より:

    怖い怖い怖い・・・
    治療を始めたはいいけど、想定内、
    想定外、いろんなことがおきるんだね・・・
    うん、休みでよかったよ。
    命の危険があるなんて・・
    こてつん、おなか痛かったね・・
    今元気だから普通に読めるけど。
    なかなか・・・涙

    • ホント、いろいろ起こるんだよね。
      抗がん剤治療って。
      母の闘病があったから、想定できることも多々ある。
      人もわんこも、一緒なんだなぁ~って、痛感した。

      この時は、本当につらかったんだと思うよ~。こてつん。
      あんなにも食べることを拒否する姿は、見たことがない。

      こういうことも、ある。という経験をいただいた。
      勉強させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました